ドウダンツツジをインテリアのアクセントに!

グリーン・花

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

去年ドウダンツツジを部屋に飾ったら、そのボリューム感と枝の持ちの良さに感動!
それ以来、結婚式でもドウダンツツジを用意をして飾ったぐらいドウダンツツジ大好きです。
ちなみに結婚式ではこんな感じでドウダンツツジを飾りました↓

ゲストの方々にMoMAで購入した地球儀にメッセージを書いてもらうコーナーです♪

created by Rinker
¥16,200 (2019/08/26 08:01:54時点 楽天市場調べ-詳細)

長くドウダンツツジを楽しむには見極めが大事

いろんな花屋さんを見て回りましたが、ドウダンツツジを取り扱っている花屋さんは意外と多いです。
ただ状態や大きさはお店によってまちまち。
小ぶりなもので1本500円ぐらいから。
おおぶりで立派なもので1500円ぐらいまで。
ちなみにおおぶりといっても高さ30cm~40cmぐらいの花器に飾ってちょうどいいぐらいの大きさです。

1500円はちょっと高いな~と最初は買うのに躊躇しましたが、ちゃんといいものを見極めれば案外コスパは悪くないです。
そう、ちゃんと見極めれば!

花屋さんに長い間残ってしまっているものは、よく見ると枯れ始めてる葉がちょこちょこあったりします。
そういう枝を買ってしまうと、長持ちするドウダンツツジでさえ、やはり寿命は短くなります。

 

結婚式用にドウダンツツジを購入したときの話。
式の2週間ぐらい前にかなり立派なドウダンツツジを見つけて、
「形もボリュームも申し分ない!これ欲しい!」とかなり心惹かれました。
ただちょっと葉っぱがところどころ枯れ始めてる。

悩みましたが、「ドウダンツツジは2カ月ぐらいもつし、2週間ぐらいこのままの状態でキープできるでしょ!」と結局1500円払って購入。

でも残念なことに、2週間で葉っぱの枯れ具合がだいぶ進行。。
さすがにこれは結婚式の場にはふさわしくないので、結局もう1本新しく購入し直しました(涙)

これを教訓に学んだわたし。
長持ちさせたいなら葉っぱが枯れ始めている枝ものは買わない。
なるべく葉がみずみずしい枝ものを買う!
これが大事!!

 

そしてドウダンツツジ大好きなわたしは今年ももちろん!
5月ぐらいからドウダンツツジ探し。
6月初旬にようやく葉がみずみずしいドウダンツツジの枝を見つけて購入!

 

やっぱり大ぶりのものは空間のアクセントになっていいです♪

 

買って2カ月弱ですが、持ちは?というと、ところどころ葉が枯れ始めてきたかな?という状態。

いや~2カ月弱でこれはすごいです!!
去年よりも断然持ちがいい!!
しかも水を毎日変えられなくて、1週間に1回ぐらいしか変えられていない時もあったのに。。!

葉がみずみずしいって大事なんだなぁ。
こんなに持ちが違うんだなぁ。
と改めて痛感する今日この頃です。

 

小ぶりサイズはダイニングに

小ぶりで500円のドウダンツツジはちょっと寂しいなぁと思うかもしれませんが。
ダイニングテーブルにも飾れちゃうので、これはこれでお勧め。

2~3本買って花器に生けてダイニングテーブルに飾ればダイニングが華やかになります♪
逆に大きすぎるとちょっとじゃまになるので、小ぶりサイズがちょうどいい!

葉がみずみずしい小ぶりのドウダンツツジを見つけたらぜひダイニング用に♪

 

一番は葉のみずみずしさを優先しよう

「ここにフォーカルアクセントとして大ぶりのドウダンツツジが欲しい!」と置く場所が決まっているならサイズにこだわって新鮮なものが見つかるまで探し続けるのも手。
(わたしも今回そうしました)

でも特別置き場所にこだわっていないなら、葉がみずみずしい新鮮なドウダンツツジであれば大きさに関わらず購入してみるのも手。

どちらにせよ、葉がみずみずしいものにこだわって選ぶこと。
それが長くドウダンツツジを楽しむ秘訣です!

 

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT