• HOME
  • 内装のこと
  • フロアタイルはメリットだらけ!踏み心地と傷のつきにくさが大事。

フロアタイルはメリットだらけ!踏み心地と傷のつきにくさが大事。

内装のこと

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

わが家はキッチンと洗面所とトイレは
フロアタイルにしています。
タイルといっても、塩ビ素材のタイル。
塩ビタイルはクッションフロアより硬く、
見た目もかっこいいものが多いです。

塩ビタイルはフローリングより安価というのも
メリットの一つですが、
何よりも使い勝手の良さが最大のメリット!!

水に強いフロアタイルは水回りに最適なんです♪
なので水をばさーっと飛ばしても、
調味料をどさーっとこぼしても、
ささっと拭けるし、中性洗剤で拭き掃除
なんてこともできちゃいます!

 

スポンサーリンク

裸足で踏んで踏み心地がいいものを

洗面所に敷くということは素足で歩くことも多いので。
踏み心地も重視して選びたいところ。

いろいろサンプルを見ましたが、
凸凹したものやザラザラしたものもあります。

わたしが選んだフロアタイルは
結局デザイナーさんが勧めてくれたフロアタイルではなく
田島ルーフィングのマティルというもの。

これはわりとさらっとしていて
踏み心地もGOOD◎

デザイナーさんが勧めてくれた東リのピエスタも
さらっとしていて踏み心地がよかったです!
ただ気になる点がありました。
それは傷のつきやすさ。

ピエスタについてはこちらで紹介しています↓

 

スポンサーリンク

フロアタイルは傷がつきにくいものを選ぼう

ピエスタのサンプルをもって
いろいろショールームを周ったりしていたら、
気づけばピエスタにひっかき傷がちょこちょこ
できていました。

傷つくのはやっ!とびっくり。
その一方で、マティルは全然無傷。
けっこう傷に強い。
これもマティルに決めた理由の一つでした。

 

ワイヤーバスケットもすいすい!

洗面カウンター下のスペースに、
前のアパートで使っていた
ランドリーバスケットを置きたかったのですが、
さすがにバスケット直置きだと傷つくかなとか
キャスターじゃないと滑りが悪いかなとか思いつつ
試しに直置きしてみたところ、

すーいすい!

まるでキャスターをつけてるかのように
動かすのが楽!!
そして傷の心配もなさそう。

これはいい!便利!
傷がつきにくい&さらっとしたフロアタイルを
選んでよかったと改めて思った瞬間でした。

ちなみにこちらのバスケットはトスカのもの。

created by Rinker
¥4,180 (2020/02/17 11:44:16時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥4,950 (2020/02/17 11:44:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

わが家はキッチンと洗面所が隣り合わせ。
キッチン奥の引き戸を開けばそこは洗面所。
なのでキッチンから洗面所までの床材を
同じものでそろえてあげることで
引き戸を開けた状態のままでも見た目がすっきり♪

引き戸を上吊りタイプにしたので、
レールもなく、ほんとすっきり綺麗です。

わが家のようにキッチンと洗面所が
つながっている間取りの家では特に
キッチンと洗面所のフロアタイルを合わせることと
上吊り引き戸の採用をお勧めします♪

 

関連記事一覧