観葉植物で今時のおしゃれな空間へ

グリーン・花

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

最近インテリアショップを見ても、ファッションブランドのお店を見ても、
ボタニカルなテイストのお店が増えていますね。
どこのお店も、店内のあちこちに本物の観葉植物を置いているのを見かけます。
わたしはこのボタニカル感が好きなので、今時な洗練された店内にわくわくします!

観葉植物が部屋にあると、それだけで空間がみずみずしく華やかになり、おしゃれ感がアップします。
わが家も最近ウンベラータを迎え入れましたが、おかげでおしゃれ度があがりました!
そしてグリーンになんだかほっこり癒やさている今日この頃です。

観葉植物は前から欲しかったけど踏み切れずにいるという方!
グリーンのある生活。いいですよ~。
ぜひ参考にしていただければと思います!
観葉植物を置くだけでも部屋の印象がぐっと変わってきますよ。

では観葉植物を買うとして、どういう風に部屋に置けばいいの?
という方のために、いくつかポイントをご紹介します。


グリーンを腰より上の位置にもってくる


小さい植物の場合、それが低い位置にあって、普段生活をする上で全く目に入らないようでは、せっかくの植物がもったいないです。
小さいのであれば、棚の上に置くなどしてなるべく視界に入る位置に置きましょう。

棚の上には大きすぎるんだよなという場合は、スツールの上に置くなどして、高さを出すのがお勧め。
目線にグリーンが上がってきて存在感が増しますよ。
わたしも、オリーブの苗がまだ小さいので、スツールの上に置いています。


鉢カバーにこだわってみる


購入したいと思っている植物があるけど、鉢がプラスチック鉢なのが気になるという方、安心して下さい。
プラスチック鉢で問題ないです!
おしゃれな鉢に直接植える必要はありません。おしゃれな鉢カバーを探せばいいのです。
わが家のウンベラータは鉢カバーを利用しています。

鉢カバーのメリットの一つは、観葉植物の高さを少し調整できるという点。
鉢カバーの中に高さのあるものを置いて、その上にプラスチック鉢を置けば、高さを出すことができちゃいます。

中に発泡スチロールを置いて、高さ調整してます。
汚くて申し訳ないです。。(泣)


もう一つは、観葉植物の移動がしやすいとう点。
大きい観葉植物ほど、重いです。
立派な鉢に直接植えると、鉢の重さも加わってもっと重くなって移動させるのも大変です。
鉢カバーであれば、鉢カバーからプラスチック鉢ごと持ち上げればOK。
観葉植物と土とプラスチック鉢の重さだけなので、まだ移動させるのも楽だと思いますよ。

鉢カバーからプラスチック鉢が見えてしまうのは、ココヤシファイバーを被せれば気になりません。
むしろココヤシファイバーを被せた方がおしゃれな気がするのはわたしだけでしょうか(笑)


グリーンコーナーを作る


グリーンがいろんなところにちょこちょこあるのもいいのですが、一カ所にグリーンコーナーを作るのもお勧めです。
グリーンが集まっているとボリューム感が増し、一気に華やかさも増します。
いろんな高さの観葉植物を組み合わせるとおしゃれ度があがりますよ。


ただ一つ注意していただきたいのは、植物は生き物です。日が当たらないと、弱ってしまいます。
窓際など、なるべく日当たりがいい場所に置いてあげてくださいね。
また、乾燥すると虫がわきやすくなります。
日頃から葉水などして、ホコリや虫から守ってあげるのも大事です。

おしゃれなデザインの水切りをディスプレイ感覚で近くに置いて、
気づいたときにシュシュッとすぐ吹きかけられる環境を作るのもお勧めですよ。

紹介したポイントを参考にしながら部屋に観葉植物を置いていただければ、おしゃれな雰囲気がきっと増すはず。
ぜひトライしてみてください!

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT