アクセサリーはショップ風に見せる収納

アクセサリー収納

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

昔アクセサリー作りにはまっていまして。
なので普段あまりアクセサリーをつけない割にはもっています(笑)
一時期は1つ1つを小さいジップロックの袋に入れて収納してましたが、探しづらいのもあって、
気づけば全くアクセリーをつけない日々。
どうしたらアクセサリーをおしゃれにそして便利に収納できるのか。
いろいろ考えて思いついたのが、ショップのように、アクセサリーをディスプレイ風に収納することでした。

 

ヒントはショップのアクセサリーディスプレイ

それには、無印良品のこのアクリルケースがぴったりでした。
2段引き出し式なので、取り出すのもしまうのも楽でなかなかいいんです。

何よりも、飾って収納できるという点で、見た目もおしゃれに見えるので、自分自身テンションが上がります。

ただ、アクリルケースに直置きなので、引き出しを引き出したり、戻したりしていると、
アクセサリーが滑ってどんどん移動していくというデメリットも。。
なのであまり詰め込みすぎず、余白をもってディスプレイするのがお勧めです。

 

ディスプレイはアイテム別よりテイスト別に

ピアスはピアスでまとめて、ブレスレットはブレスレットでまとめる、というよりも、
シリーズごとにディスプレイする方がお勧め。

その方が、同じテイストのもの同士で集まっているということなので、見たときにまとまった感がありますし、
身につけるときも、ぱっとまとめて取り出しやすいので効率的です。

 

ゴールドフレームのガラスボックス

結婚式のリングピローとして使ったゴールドのガラスボックス。
H&M HOMEでセールで安くなっている時に買いました。
せっかくなので、アクセサリー入れとして使っています。

アクリルケースとガラスボックス。
異素材ですが、クリアなもの同士ということでひとまずここが定位置となっています。
本当はガラスボックスで統一できた方がおしゃれなんですけどね(汗)

引き出し式のアクリルケースが結構便利なので、しばらくはこのままになっています。
いずれガラス製のもので統一したいなぁと思っています。

 

アクセサリーはそれだけでも綺麗なもの。
素敵に飾りながら収納してあげれば、インテリアにもなります。
アクセサリーこそ、見せる収納がお勧めです!

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT