キッチンツール収納はおしゃれに見せるが正解

キッチン収納

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

少し小さいわが家のキッチン。
キッチンツールを入れられるような引き出しなんてついてません。
なのでわたしはキッチンツールは基本吊す派。

一人暮らしの時のマンションのキッチン


一人暮らしの時、マグネットのキッチンパネルだったので、フック付きマグネットでキッチンツールを吊していました。
今回もそのつもりだったのに、なんとわが家のキッチンパネル、マグネットがつかないではありませんか。。!
これにはびっくり。
タイルでもないのに今時マグネットでもないキッチンパネルとは。。
しかしマグネットが使えないとはどうしたもんだ。。!
吸盤式はださいからやだし。。

自宅が同じようなキッチンパネルで困っていた方、ご安心を!
なんとレンジフードにフックを引っかければキッチンツールを引っかけられるんです!
(夫に教えてもらって知りました笑)


無印良品の横ぶれしにくいフックが使える!


その名の通り、引っかける部分がぐらぐらしないような仕様になっていて、レンジフードの溝にもぴったりフィット。
普通のS字フックよりも、安定感があってお勧めです。
わが家のレンジフードでは、ステンレス横ブレしにくいフック・小を引っかけてます。
素材もステンレスで、3個入りで350円。
お財布にも優しくて最強です!


ボリュームがあるものや見栄えがいいものを吊す


吊すキッチンツールは基本的に見栄えとバランス重視で決めました。
吊すと一番にそこに目がいきます。
何を吊すかでけっこう見栄えも変わってくるので重要です。
おしゃれな鍋つかみがあれば、吊すとポイントになるのでお勧めですよ!


残りはピッチャーに入れて見せる


吊さなかった残りのキッチンツールは、おしゃれな琺瑯のピッチャーなどに入れるのがお勧め。
なるべく口が広いものに入れると出し入れも楽でいいですよ。
わが家ではIKEAのピッチャーを使っているのですが、口が小さく、正直ちょっと使いづらいです。。
気に入った琺瑯のピッチャーが見つかれば入れ替えたいと思っています。


何枚かのカッティングボードとディスプレイ


何枚かのカッティングボードと一緒に琺瑯のピッチャーをディスプレイ感覚で配置。
ピッチャーだけで置くよりぐっとお洒落な雰囲気になります。
わたしはそのほかに、低めのガラス容器に小さめのカトラリーなどを入れて一緒に置いています。
ただでさえ狭いキッチン。
一カ所にまとめて置くことですっきり見えます。

お気に入りのキッチンツールは基本的にディスプレイ感覚で吊したり、まとめて置いたりすることで
お洒落度がアップしますし、使い勝手もいいのでお勧めです。
使う時も片付ける時も、ワンアクションで済むのはけっこう楽ですよ。
簡単にできることなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!


関連記事一覧