• HOME
  • DIY
  • マスキングテープで今ある家具をリメイク

マスキングテープで今ある家具をリメイク

DIY

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

目指したいインテリアイメージがあるけど、今ある家具ではイメージには合わない。
だからといっていっぺんに全部の家具を買い換えるのは難しい。。
そういった場合の簡単リメイクの方法をご紹介します。


塗料で塗り替えるという方法


家具の形は気に入っているけど、色だけがちょっと。。と言う場合は、塗料で塗り替えるのがお勧め。
無塗装の木材であれば直接塗料を塗るだけ。
ただ塗装がされている木材の場合は、やすりで塗料を落としてから塗らないといけないので、手間が掛かります。
でもこのちょっとの手間で、好きな色に塗り替えられると思えば、やる価値もありますよね。
東急ハンズなどでも、いろんな色の塗料が売っているので、選ぶのもけっこう楽しいと思います。

注意しないといけないのが、その家具が木材ではない場合。
例えば、プリント合板には直接塗料を塗ることは出来ません。
プリント合板に直接塗料を塗ると、乾いてから塗膜がぽろぽろと剥がれ落ちてしまいます。

そういう場合でも、接着プライマーという、下塗り塗料を塗れば、その上から好きな塗料を塗れるようになります。
壁紙屋本舗でも取り扱っているようです。
この下塗り塗料を塗れば、プリント合板や塗装してある木材もでもやすり掛けなしで好きな塗料を塗れるようになります。


買い換えるまでの応急処置ならマスキングテープという方法


塗料を塗るとなると、周りを養生しないといけない手間や、塗った後の刷毛を洗う時の手間を考えると
なかなか手を出しづらかったりしますよね。。

わたしもそんな理由でなかなか塗料に手を出せませんでした。
そんなときにお勧めなのが、マスキングテープによるリメイク法。
わたしも結局この方法で家具をリメイクしました。

お勧めはmtマスキングテープのCASA tapeシリーズ。
2サイズ展開の幅広タイプ。一度に貼れる範囲が広がっていいですよ。
塗料に比べると、選べる色は限られてきますが、マットブラックとマットホワイトがあってけっこういいなと思いました。

わが家の寝室の棚とテレビ台はこのmt CASA typeのマットホワイトを上から貼ってリメイクしました。
テープなので、時間があるときに少しずつ貼り続けて無事完成。
もともとはダークブラウンのプリント合板だったこれらの家具も、白のマスキングテープを貼っただけで、だいぶ変わりました!

一つ注意が必要なのは、濃い色の上に白のマスキングテープを貼ると、下の色が透けてしまうので、
2度貼りしたほうがいいです。
近くで見ると、貼ってるのがわかるかもしれませんが、ぱっと見では分からないと思います。
そのうち買い換えるつもりで、それまでの間の応急処置としてならけっこうお勧めです。

雑に貼ったので寄るとテープ感が(笑)

マスキングテープは貼った後も綺麗に剥がすことができるので、家具意外に冷蔵庫や建具などにも、
剥がすときのことを心配せずに貼れるというメリットも。

木目柄にリメイクしたいんだよなぁというときは、
マスキングテープではなく、壁紙シールを貼るという方法も。
わたしはこの方法で、キッチン面材をグレイッシュな古木風にリメイクしました。

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT