• HOME
  • 間取り
  • 廊下は無駄なスペースじゃない!廊下の役割ともたらす効果

廊下は無駄なスペースじゃない!廊下の役割ともたらす効果

間取り

こんにちは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

突然ですが、おうちに廊下はありますか?
大抵の家には廊下があるかと思いますが、
最大限に部屋を広くするために、あえて極力
廊下を作らない家もありますよね。

でも実は廊下って無駄なスペースではなくて、
廊下にも、役割だったり、もたらす効果があったりするんです!
部屋をなるべく広くしたいというのもわかりますが
廊下の良さも知って欲しい!と思い、
わたしが思う廊下の役割ともたらす効果を
ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

来客時の丸見えを回避できる

友達が来る時は、掃除もするし、部屋も整えるし、
それなりに準備をするわけなので、玄関入ってすぐ
目の前にリビングが広がっていてもなんの問題も
ないと思うんです。

でも来客って友達だけじゃない。
まだパジャマでテレビを見てる朝に、
ピンポーンとやってくる宅急便とか。
ご飯を作る気力がなくて頼んだデリバリーとか。
そういった玄関先で対応する業者の方々にまで、
リビングダイニングが丸見えで
家族の様子や声が筒抜けって嫌じゃないですか…?

部屋が散らかってたり。
まだ家族がパジャマだったり。
部屋でダラダラテレビを見ながら寝転がってたり。

インターホンがなる度に、
隠したり、隠れたり、静かにしたりって
なんだか疲れますよね…。

廊下があれば、
あっ!まだパジャマだから、お父さん出てー!
と、誰か一人が玄関に行って対応すれば済むので
業者さんが突然来ようが問題なし。
わが家でも休日の朝はもっぱらパジャマ姿の
夫が対応させられています(笑)

こんな風に廊下には玄関と部屋を区切ることで
来客からプライベートを守る役割があるのです。

 

リビングを明るく魅力的に見せる効果がある

ディズニーランドに行った時、
アトラクションの乗り場に行くには
長いトンネルを抜ける必要がありますよね。
もちろん人が並ぶ為のスペースでもありますが、
このトンネルには、館内の暗さに目を慣れさせる
目的もあったりします。

薄暗いトンネルを抜けた先に
アトラクション乗り場が広がることで、
ライトで照らされたアトラクション乗り場が
より魅力的に見えるように演出しているのです。

屋外からいきなり屋内のアトラクション乗り場に
行っても、暗さが先に来てしまって、
アトラクション乗り場の魅力を
引き出しきれないのです。

 

いわば家の中の廊下もこのトンネルのようなもの。
といっても目を慣れさせるには距離が短いのですが
玄関と廊下を少し暗めぐらいにすることで、
廊下を抜けた先のリビングをより明るく魅力的に
演出できるのです。

わたしはわが家の廊下が好きです!
廊下のおかげでLDKがより明るく魅力的に
演出できているなとしみじみ実感しています^^

 

スポンサーリンク

暮らしやすい家とは

これらの視点から廊下を改めて見ると
廊下はただの無駄なスペースじゃないんだなって
思えてきませんか?^^

確かに廊下がなければ部屋は広くなりますが
デリバリーやネットショッピングが当たり前の今、
廊下がないことで、不便になってしまうことも
あると思うのです。
そういったところも踏まえた上で間取りを
考えられると、きっとより暮らしやすい家に
なるのではないでしょうか^^




\ブログランキングに参加しています!/
クリックして応援していただけると
ブログ更新の励みになります♩

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
 



\ONLINE SHOP/
temite公認アンバサダーとしてオンラインショップ開設しました♩


 



\インスタやっています!/
フォローして頂けると嬉しいです♩




Yuki Ito

533,443 views

インテリアコーディネーター。インテリアのネットショップの撮影スタイリストやモデルルームのプラン・コーディネートの経験を経てフリーに。ブログでは、インテリアコ...

プロフィール

関連記事一覧