枝ものを飾るだけで季節感あるインテリアに~冬:ヤシャブシ~

グリーン・花

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

食卓に生花を飾ると華やかになりますよね。
季節によって花を変えることで季節感も出ます。
でも生花の寿命って短くて、綺麗だなぁと思っているうちに気づいたら枯れかけていたり。。
なのでわたしは生花より枝を飾る派です!

どうして枝ものがお勧めなのか。
枝ものを飾るメリットをご紹介します!

 

スポンサーリンク

枝を飾るメリット

寿命が長い

枝は、花器に水を入れて、定期的に水を替えてあげるだけで1ヶ月以上もちます!
2ヶ月ぐらいもつことだってありますよ。

 

スポンサーリンク

ボリュームがあって1本でも華やかになる

立派な大ぶりの枝もよく花屋さんで見かけます。
そういった枝なら、1本でも十分ボリュームがあります。
生きている自然のものなので、1本1本ボリュームや形も違うもの。
花屋さんで一番好きな形やボリュームのものを選ぶといいですよ。

「できるだけ大ぶりの枝がいいんです~。。」
といいながら探していると、意外と一緒に探してくれる優しい店員さんもいますよ!

 

コスパがいい

枝1、2本でも十分ボリュームが出ますし、持ちもいいので、生花よりもコスパがいい!
枝の大きさや種類にもよりますが、上手く探せば500円ぐらいで買えるものもありますよ。
800円ぐらいしても、1本で十分なボリュームがあるなら、生花を何本も買うよりお得です!

 

枝で季節を感じられる

生花同様、枝にも季節の枝があります。
冬であれば、ヤシャブシ、ヒロムスギ、コットンフラワーなど。


わが家では今年はヤシャブシを飾っています。
木の実が付いていてかわいらしいです。
青山フラワーマーケットで1本で500円もしませんでした。
1ヶ月前に購入しましたが、まだまだ元気です。

 


ヒロムスギ。近所の花屋さんで500円以内だったと思います。
なかなかのクリスマス感があります。

 


こちらは新宿にあるGARDEN HOUSEのショーウィンドウ。
ヒロムスギとコットンフラワーの組合せが素敵で思わずパチリ。
来年のクリスマスはこの組合せにトライしたいと思いました!
こういう風に生ける場合は、何本か買わなくてはいけないですが、こうやって枝を掛け合わせるのも素敵ですよね。
長持ちすると思えば、たまには何本か買って生けるのもありですよね!

どうですか?枝でも十分季節感が出ると思いませんか??
枝を飾る。けっこうお勧めです!

 

春の枝はこちら↓

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT