• HOME
  • 間取り
  • キッチンとダイニングは横並びで使い勝手も見た目もよし!

キッチンとダイニングは横並びで使い勝手も見た目もよし!

間取り

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

リノベーションした新居に引っ越して
気づけばもう2週間。
だいぶ部屋も片付いてきました。

ペンダントライトやらダイニングチェアやら
ラウンジチェアやらバスケットやら。
買い足したいものはまだまだありますが。
一気にはなかなか難しいので。。
少しずつそろえていきたいと思います。。!

 

さてさて。
本日はキッチンとダイニングのお話。

キッチンとダイニングは横並びにしたい。
とずっと思っていました。

そして、念願のキッチンとダイニングの横並びを実現!!

実際キッチンとダイニングの横並びってどうなの?
とお思いかもしれませんが、
そりゃあもう見た目もいい感じですし。
使い勝手もよくて。

想像通り。
申し分なしです!!

 

スポンサーリンク

キッチンはペニンシュラⅡ型を採用

打ち合わせ前から自分で間取りを考えていました。
一般的なⅠ型キッチンだと、
キッチンとダイニングの横並びはどうも寸法的に難しい。
そういう理由からⅡ型を考えるように。

Ⅱ型とは、シンクとコンロが分かれているシステムキッチンのこと。
対面キッチンをシンクと作業スペースだけにすることで、
ダイニングテーブルのスペースを確保できました。

 

本当はアイランドキッチンが理想だったんです。
キッチンにダイニングテーブルをくっつけた場合、
リビングからキッチンへのルートが遠くなって、
ちょっと不便なんです。

アイランドキッチンにすることで、
ダイニングテーブルをぐるっと回らずして
キッチンとリビングを行き来できるから導線的にいいなと。

ただ、わが家の場合、
アイランドキッチンにすると、
配管の関係でキッチンに段差ができてしまうということで断念。
なのでペニンシュラにしました。

一応、ダイニングテーブルを
キッチンから離して配置しても
人が通れるだけの広さは確保できたので、
キッチンからリビングまで遠いな。。
と感じるようになったら、
ダイニングテーブルを離せるようにしてます。

 

キッチンⅡ型は意外と使い勝手がいい

キッチンの最適な作業導線に
「ワークトライアングル」というものがあります。
シンク・コンロ(IH)・冷蔵庫の3点を
直線で結ぶとできる三角形が
正三角形(△120cm)の形に近いほど
作業導線がいいのです。
一般的には、3辺の合計が360cm~600cmの範囲に
収まれば作業効率が上がると言われています。

実際問題、正三角形の形になる間取りって
なかなかないとは思います。

わが家もさすがに正三角形にはなっていませんし。
IHと冷蔵庫がわりと近い距離にあるので、
3辺の合計360cmも切ってしまっていますが(汗)

それでも、シンク・IH・冷蔵庫の距離が適度に近いので、
実際料理をしていても作業効率の良さを感じます。

Ⅰ型のキッチンだとどうしても、
冷蔵庫がシンクかコンロ(IH)のどちらかから
遠い位置になりがちだと思うのですが、
Ⅱ型だと、そういったことも回避しやすいです。

また、冷蔵庫を食器棚の横に配置すると、
奥行が20cm以上違ってくるので、
冷蔵庫だけが飛び出てしまうなんてことがよくあります。

Ⅱ型キッチンであれば、
システムキッチンの奥行はだいたい約65cmなので、
冷蔵庫と背面キッチンが横並びでも
そこまで奥行が違わないので収まりが綺麗です。

Ⅱ型キッチンは意外と使いやすいし
間取りの自由度も上がるし
冷蔵庫との並びも綺麗なのでお勧めですが、
もちろんデメリットも。。

それはⅠ型より高い!!
システムキッチンを2台入れるわけなので、
その分お値段が上がります。。(涙)

 

スポンサーリンク

キッチンとダイニング横並びの使い勝手

キッチンをⅡ型にすることで、
念願のキッチンとダイニングの横並びを実現させたわけですが。
本当に良かったと思っています!!

今こういった横並びスタイルが流行っていますが、それも納得。
実用性の高い間取りだなとつくづく思います。

何よりも配膳が楽ですし。
食後の後片付けも楽。

わが家の間取りの場合は、
キッチンとリビングの距離感も以前の賃貸に比べてぐっと近くなりました。
キッチンに立ちながらテレビも見れちゃうし
夫がリビングにいても普通に会話もできちゃいます。
キッチンにいても孤独感を感じないこの間取りが
とても居心地がいいです♪

 

そんなリビングダイニングと一体になった
オープンなキッチン。

つまりは。。
お客様が来た時もキッチン丸見え!!
です!
その為、常に綺麗にしておく必要はあります(笑)

お茶を入れる時だって
お皿にケーキを盛っている時だって
お客様に丸見えですから。

ダイニングとキッチンの横並びのデメリットを
あげるとしたらここですね。

お客様にキッチン丸見えは抵抗がある。。
でもキッチンとダイニングの横並びの家事導線は好き。
という方は、対面キッチンに腰壁を作ってあげると
目隠しになるのでお勧めですよ♪

 

でもオープンなキッチンは
日ごろから綺麗にしておこう!
と無意識に心がけるようになるので
私はオープンなキッチンにしてよかったと思っています♪

 

リノベーションのビフォーアフターはこちら↓




\ブログランキングに参加しています!/
クリックして応援していただけると
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
 



\ONLINE SHOP/
temite公認アンバサダーとしてオンラインショップ開設しました♪


 



\インスタやっています!/
フォローして頂けると嬉しいです♪




Yuki Ito

204,285 views

インテリアコーディネーター。インテリアのネットショップの撮影スタイリストやモデルルームのプラン・コーディネートの経験を経てフリーに。ブログでは、インテリアコ...

プロフィール

関連記事一覧