【マイホーム計画】②ワンストップリノベ会社「リノべる」の魅力

リノベーション

こんばんは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

ゆっくーり計画中のわたしの憧れ、中古マンションを買ってリノベーションするお話。
記念すべき第一回目は、リノベーション相談会に行って、リノべるにお願いすることに決めたという話まででした。
詳しくはこちら↓

 

今回はリノべるにお願いしようとした決め手はなんだったのかという話。

 

スポンサーリンク

リノベるにお願いするメリット

1.ワンストップリノベーションの魅力

リノべる銀座・有楽町ショールーム

 

これは、物件選び・資金計画・設計・工事まで、 会社で一貫して行ってくれるサービスです。
リノべるの場合は、不動産業はやっていないのですが、たくさんの不動産パートナーと提携しているので、物件紹介もできるのです。

リノべるのいい所は、物件探しを手伝ってくれるのに、リノべるに対して紹介料や仲介手数料などは発生しないということ。
物件が決まれば、その物件を取り扱っている不動産会社への仲介手数料だけでいいのです。
リノべるでは、不動産会社と違って、どの物件が売れたら会社にどれぐらいの利益が発生するかなどがないので、
忖度なしで、わたし達に寄り添った視点から物件を提案してくれます。
これってすごく安心しませんか?
わたしはこれを聞いてすごく魅力的なシステムだなと思いました。

他のリノベーション施工会社のセミナーに行っていないので、何とも言えませんが、
リノべるによると、不動産業をやっていないリノベーション会社で、物件紹介手数料を取らない会社は
今のところリノべるだけとのことでした。

 

スポンサーリンク

2.返金可能な申し込み金制度

リノべる銀座・有楽町ショール-ム

 

リノべるでお願いしたい!となると、物件探しに入る前に申込みをすることになるのですが、
その時に、10万円の申込金を支払う必要があります。

ただこの申込金、リスク回避の為の形式的なもの。
リノベーション工事完了後に、最終請求額の一部として充当されます。
つまり、物件を購入するときの頭金みたいなものです。

当初はこの申込金がなかったらしいのですが、リノべるを通して物件購入までして、
結局リノベーションをしないお客さんがいたらしいのです。
リノべる自体は物件紹介料を取っていないので、リノベ―ションしないとなると、
リノべるには何もお金が入らないのです。
物件購入までのサポートが全て無料サービスで終わってしまうと、会社の事業として成り立ちません。
そういったこともあって、この申込金制度ができたそうです。

物件探しをスタートしてから半年経っても物件購入に至らなかった場合は、
申込金を返金してくれます。
引き続き物件探しをしたいという場合は、更新手続きができます。

物件購入に至らなかったら返金してくれるというのは、安心できますよね。
それなら物件が見つからなくても損はしないし、お願いしてもいいかなと思っちゃいませんか?

 

3.魅力的なベーシックライン


リノべる銀座・有楽町ショールーム

 

リノべるにはおうち作りの仕様にはベーシックラインというものが用意されています。
このベーシックラインの仕様でリノベーションすると費用を抑えられるようになっています。
何がいいって、このベーシックラインには人気のアイテムやコスパのいい住宅設備が揃っていること。
例えば、ベーシックラインで用意されている床材には無垢材もあります。
コンセントスイッチだって、人気の神保のNKスイッチもあったりします。

もちろんベーシックライン以外から選ぶことも可能です。
ベーシックラインの住宅設備はコスパ重視な印象を受けましたので、
ベーシックラインをベースに、こだわりたい住宅設備だけワンランク上のものから選べば素敵な家ができそうです。

主に上記3点に魅力を感じて、わが家はリノべるにお願いしようということになったわけです。
ひとまずまだ申込みが終わった段階。
今後物件探しが本格的にスタートしたらまた続きを書きたいと思います!

 

NEXT↓

 

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT