【マイホーム計画】③コンセプト打ち合わせで物件探しの準備

リノベーション

こんにちは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

ゆっくりゆっくり進行中のマイホーム計画。
中古マンションを買ってリノベーションするのがわたしの夢。
リノベーションに全く興味のない夫に夢を語り続け。
優しい夫もなんとなく前向きに考えてくれるようになり。
ひとまずリノべるでサービスを受ける申込みをするところまでやってきました。

マイホーム計画の過去の記事はこちら↓

1.【マイホーム計画】①リノベーションセミナーに行ってみた
2.【マイホーム計画】②ワンストップリノベ会社「リノべる」の魅力

 

無事サービス申込みをしたわけなので。
次はようやく物件探しがスタートするのね!
と思っていたらその前にコンセプト打ち合わせとやらがあるとのこと。

 

コンセプト打ち合わせで物件探しの条件を再確認

コンセプト打ち合わせ。
えっそれ今更必要?というのが率直な感想でした。
だって申込み前にリノべるで用意されている「コンセプトシート」や「住まいのカルテ」を提出して、
担当の方とその内容についてもお話したのに。

それがコンセプト打ち合わせみたいなもんじゃないの?
なんか重複してない?と思いました。

そんな感じでちょっともやっとしながら迎えたコンセプト打ち合わせ。
そこには、資金計画と物件探しを担当されるリノべるの社員の方と不動産会社の方がいらっしゃいました。

希望している条件をなるべく満たす物件を探すにあたって、わたしたちの希望をよく理解しておく必要があることから、
重複してしまうけど、再度「住まいのカルテ」の内容を確認させてくださいとのことでした。

この時、わたしたちが挙げた希望は次の通り。

・東京都23区内もしくは大宮あたりまでの埼玉エリア。
・最寄り駅から徒歩10分以内。
・新耐震のマンション。
・できれば60㎡は欲しい。
・エレベーター付きマンション。
・将来子供が出来て手狭になった時に売却できる資産価値のある物件。
・35年ローンで月々の支払いが管理費と修繕積立費込みで13万以内に抑えたい。

60㎡ぐらいだと、スケルトンでリノベーションするとリノべるが用意しているベーシックラインで1000万はするとのこと。
あとはどこまでこだわるかで金額も変わってくるそう。
背面キッチンにタイル貼りたいとか、洗面所にタイル貼りたいとか、天井をコンクリートむき出しにしないとか、
そういうので金額がどんどんプラスされていきます。
わたしたちの希望を追加していくとリノベーション費用で1400万掛かる可能性もあるとのこと。

物件価格+リノベーション費用で3500万以内なら月々13万以内の支払いはクリアできそう。
なので仮にリノベーション費用が1400万なら、物件に掛けられる金額は2000万前後。

こうして、わたしたちの物件への希望がまた追加されました。

「2000万前後の物件。」

って2000万でその他の条件も満たす物件なんてあるのか!?

 

ここで不動産会社の出番!

不動産会社の方が一緒にこの打ち合わせに同席していた理由。
それはレインズに掲載されている、現在市場に出ている販売中の物件情報を提供してもらうため。
このレインズは不動産会社しか利用できない不動産サイト。
なので物件探しを進めるには不動産会社の協力が必須なのです。

不動産会社の方はひとまず、わたしたちの希望条件を少し広げて

・55㎡以上の物件
・最寄り駅から徒歩15分の物件
・大宮あたりまでの埼玉エリア
・物件価格2500万以内
・築40年以内

だいたいこんな感じの条件で検索して該当した物件広告をたくさん印刷して持ってきてくれていました。
該当した物件は80件ほど。
80件もあったの!?と正直びっくりしました。

しかも不動産会社の方が、それぞれの物件のいいところをピンクのマーカーで記しつけてくれたり、
ちょっと心配なところをブルーのマーカーで記しつけてくれたりしていました。
おかげで物件の特徴が一目でわかりやすかった!
心配なところって素人のわたしたちじゃ気づかなかったりしますからね。
プロの意見はとっても参考になります。
80件分も絶対大変だっただろうに、親切だなぁと感心しました!

80件もあったので、

1.まずは第一印象で、「あり」と「なし」に仕訳をする。
2.「あり」を今度はよく見ながら、改めて「あり」と「なし」に仕訳をする。
3.だいぶ「あり」が減ったので、「第一候補」と「第二候補」に仕訳をする。

といった作業を、夫と相談しながら進めていきました。
そして、ひとまず「第一候補」までに残った4件の内覧をすることが決定しました。

気づけば4時間も経っていました。。!
びっくり。

でもこれでようやく物件内覧という次のステップに突入です!
物件を見ないことには何も始められませんからね。
内覧が楽しみ!

続きはこちら↓

関連記事一覧