押し入れサイズのクローゼットの奥行きを活用する方法

クローゼット収納

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

わが家のクローゼット。
なぜか押し入れ並みに奥行きがあります。
クローゼットの奥行きはだいたい60cmぐらいが主流です。
でもわが家のクローゼットは奥行き80cmもあります。。

奥行きがあるからといって、それだけ収納量が増えるのかというとちょっと違います。
ハンガーパイプに洋服を掛けると、奥行き60cmでちょうどいいゆとり感。
わが家のクローゼットはハンガーパイプが手前よりにあるので、
ぱっと見普通のクローゼットと同じくちょうどいいゆとり感に見えるのですが、
実はクローゼット奥は20cmぐらいスペースが空いている状態。

背の高いものをハンガーパイプの奥に収納すればいいんじゃないかって思うかもしれないのですが、
ハンガーパイプには洋服がパンパンに掛かっているので、左右にずらして後ろのものを取り出すというゆとりはない。。
結果この20cmの奥行きがとってももったいない空間になっています。

せめてハンガーラック下のスペースはできるだけ有効活用したい。
そう思い、どんな収納法にすればいいかいろいろ商品を探して検討しました。
いろいろ考えた末にたどりついたのが、無印良品の収納ケースを使った収納法でした。

今の賃貸に越してきてもう1年経つのにまだクローゼット収納は完成しておらずごちゃついているのですが。。(汗)
無印良品の収納ケースを使ったわが家のクローゼットを一部公開します。。!
生活感が急にでまくります。。すみません。。


キャスターを付けて取り出しやすく


なんで無印良品にしたかというと、無印良品の収納ケースは別売りのキャスターを取り付けられるから。
80cmも奥行きがあるので、奥行き40cm未満の収納ケースを前後に設置しようと思いました。
キャスターがついていれば、手前の収納ケースをコロコロと手前に引っ張って奥の収納ケースを取り出すことができる。
なのでキャスターが取り付けられるタイプであることが大前提でした。

ただ、収納ケースをいくつか積み重ねている状態なので、手前に引くときにクローゼット扉のレールに引っかかります。
その時収納ケースの上の方を持って手前に引こうとすると上の収納ケースだけ手前に倒れかかってきます(汗)
手前に引くときは、収納ケースの一番下を持つとスムーズです。


収納するものに合わせて半透明タイプかカラータイプかを選ぶ


収納ケースに収納したかったものは、下着関係、洋服、そしてインテリア雑貨。
本当は下着は洗面所に収納したいところですが、なんせ洗面所が狭く、そんなスペースはとれない。
ということで、クローゼットに下着を収納する必要がありました。
下着を収納しているのに、クローゼット内とはいえ、半透明のケースは嫌だなぁと思い、下着用にはカラータイプをチョイス。
やっぱり下着収納は中身が見えないに限ります。

半透明タイプだと、うっすら中身がなんとなく見えるので「このケースにあれ入ってそう!」と、
引き出しを開けなくてもどこにしまったか想像がつきやすくなるというメリットがあります。

なので、収納するものによって半透明タイプかカラータイプか使い分けるのがお勧めです。


クローゼット用に買った無印良品の収納ケース


下着収納用に購入したケースはポリプロピレンケースのホワイトグレー
いろいろサイズ展開があるので、奥行き37cmのものでいくつかのタイプを組み合わせました。
浅型・深型・引き出し2個付きなどいろいろあります。
使ってみたら、「これ意外とよかった!」というものと、「大人の下着用にはちょっと使いづらいかな」というものが。
詳細についてはこちら↓

インテリア雑貨収納用に購入したケースはポリプロピレン収納ラック
雑貨は重い物もあるので、引き出しタイプは向かないなぁと思っていました。
となるとコンテナタイプになりがちなのですが、積み重ねると下のコンテナから物を取り出すのが大変。
どこか側面の一面が扉になっていれば取り出しやすいのに!と思っていました。
無印良品のポリプロピレン収納ラックは扉はないですが、一面がオープンになっています。
これなら積み重ねたままでも中身が取り出しやすいのでは!?と思い、購入。
使った感想としては、オープン型はやはり便利!
しまった物がとても取り出しやすいです。

高さを手前の収納ケースと合わせようとして、収納ラックは3種類の高さのものを一個ずつ積み重ねています。
ただ、わたしのインテリア雑貨はこれに収まりきらなかった。。(汗)
高さ合わせは諦めて、もう1個ずつ買い足して上に積み重ねようかと思います。


よく出したり閉まったりする物を手前に、たまに使う物は奥に


毎日出したり閉まったりする下着関係が入った収納ケースは手前に配置。
模様替えのタイミングでしか取り出さないインテリア雑貨を収納しているラックは奥に配置。
これで効率的かつ、押し入れ並にある奥行きを有効活用した収納ができました!

通常はこの状態↓

手前の収納ケースを手前に引っ張ってくれば、奥の収納ラックがこんな風に収まっています。

中を取り出したいときは、こちらも手前に引っ張ってくれば、オープンのところから雑貨をさっと取り出せます。

こんな風に、奥行きがあるクローゼットはキャスター付きの収納ケースを上手く活用して、
スペースをなるべく最大限に活用するのがお勧めです。

関連記事一覧