クッションカバーを春夏用にチェンジ

ファブリック

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

ようやくクッションカバーを春夏仕様に変えました!
アクセントカラーを何色にしようかいろいろ悩んだのですが、ブルーにしました。
配色は下の記事でご紹介した「カラー×ベーシック色×ホワイト」。

 

やっぱりこの組合せは取り入れやすいし、大人っぽく綺麗にまとまるのでお勧め。
わが家はクッション5~6個派なので、ブルーのクッションカバーはトーン(色調)を変えて3つにしました。
アクセントカラーはクッションカバーでしか取り入れていないので、ブルーの分量を多めにしています。

色の他には、もちろん、柄と素材感も意識して取り入れました。
素材感についてはこちらから↓

 

柄もののクッションカバー


今回新規購入したのは3つ。
真ん中の柄クッション3つです。

左は楽天SHOPで購入しました!
こういう大きめの柄はいいアクセントになるので重宝します。

真ん中の白ベースに青の四角の模様が独特なクッションカバーはunicoで3000円程。
オンラインショップを確認したら、もう載っていませんでした。。
先月買ったばかりなのに商品の入れ替えが早い。。!

そして一番右のブルーの長方形タイプはオルネドフォイユでクッション中材込みで6000円ぐらいしました。。!
これはけっこう奮発。。でもこれに代わるイメージに合うものはない!と思い、思い切って購入。
時にはこの心意気も大事(笑)

オルネドフォイユはインスタグラムで見つけました。
けっこうわたし好みのものを多数取り扱っているセレクトショップ。
お勧めです!
オルネドフォイユのインスタグラムはこちらから↓

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Orné de Feuilles / オルネ ド フォイユさん(@ornedefeuilles)がシェアした投稿

 

季節感が出るクッションカバー

もともと持っていた右端のクッションカバー二つ。
グレーのものはH&M HOMEで購入したリネンのクッションカバー。
そしてネイビーのものはフランフランで購入したロープ編みのクッションカバー。

どちらも色はそうでもないのですが、その素材感や編み方で、涼しげな印象を受けませんか?
色で季節感を演出する意外にこの素材感や編み方は季節感を演出するのにとっても有効。
ぜひこういうところも見ながら季節にあったクッションカバー選びを楽しんで下さい!

 

BEFORE↓

 

AFTER↓

 

 

ちなみに、クッションカバーだけでなく、カーテンも涼しげな淡いベージュのカーテンに変えたらこうなりました。

やっぱり色と素材の質感が与える印象は大きいですね!
とっても軽やかになって、春夏らしさがぐっとあがりました!

 

ファブリックを変えるだけで、全然部屋の印象が変わるもんだなぁとビフォーアフターを見比べて改めて実感しました!
みなさんのおうちのファブリック選びの参考になればうれしいです!

 

カーテンについてはこちらから↓

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT