• HOME
  • 照明
  • ダイニングにルイスポールセンのペンダントライト

ダイニングにルイスポールセンのペンダントライト

照明

こんばんは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

ずっとダイニングにペンダントライトが欲しいと
思っていたのですが、いろいろ考えた末、
越してきて10カ月経ってようやくこれにしよう!!と購入!
それがこちら♪

ルイスポールセンのアバーヴ。

わが家のダイニングテーブルは幅135cmと
少しコンパクトなので、バランスを取るために、
φ25cmのタイプを2灯にしました。

大きすぎず小さすぎずいいバランスになりました!
ペンダントライトが入ることで空間が
より引き締まったなぁと大満足です!

 

スポンサーリンク

照明選びは光の広がり方にも注目して

ペンダントライトを選ぶ時は、デザインだけでなく
光の広がり方にも注目して選びたいところ。

その照明の電球の明るさもそうですし、
シェードの素材や形に注目して選ぶのも大事。

 

例えばダイニングテーブル周りが暗いのに、
今回わたしが選んだような光が広がらないタイプの
シェードを選ぶと、ペンダントライトを点灯しても
ダイニングテーブル上だけに光が当たるので
(アバーヴは多少上からも光は広がりますが)
ダイニングの空間としては暗く感じやすいです。

わが家の場合は、ダイニングテーブル上に
照明をつけなくても問題ないぐらい
周りが明るいということもあって、あえて
光が広がらないタイプのシェードを選びました。

それでも、アバーヴには白熱球100w相当の
LED電球がそれぞれについてきて
点灯するとわが家には明るすぎる…!!
ということで、白熱球60w相当のLED電球に
取り付け直しました。

もともと、ダイニングテーブル上に照明を
つけなくても問題ないぐらい周りが
十分明るいわけなので、白熱球60W相当×2でも
けっこう明るいんですけどね…(苦笑)
まぁ、ほぼほぼオブジェです(笑)

 

そんなことはさておき、わが家とは逆で、
ダイニング周りが暗い家の場合は、
乳白色のガラス製のペンダントライトや
布のシェードタイプのペンダントライトなどを
採用することで、空間全体に光が広がるので、
ダイニング周りも明るくなっておすすめです。
例えばこういったシェードのものなどお勧め!↓

 

照明の明るさについてはこちらの記事でも↓

 

 

スポンサーリンク

ダクトレールにはダクトレールプラグ加工も忘れずに

わが家のように、ダクトレールにペンダントライト
を取り付ける場合、可能であればダクトレール
プラグ加工をしてもらうことをお勧めします。

そうすることで天井を見上げたときも
すっきりして綺麗です。

多灯吊りする場合は特に美しさに差がでます。
大きなフレンジカバーがたくさんダクトレール下に
付いているのはちょっと不細工ですよね。

ダクトレールに取り付ける場合はぜひ
ダクトレールプラグ加工ができるか確認してみてくださいね!

 


\ブログランキングに参加しています!/
クリックして応援していただけると
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

 

\ONLINE SHOP/
temite公認アンバサダーとしてオンラインショップ開設しました♪



 

\インスタやっています!/
フォローして頂けると嬉しいです♪



Yuki Ito

243,203 views

インテリアコーディネーター。インテリアのネットショップの撮影スタイリストやモデルルームのプラン・コーディネートの経験を経てフリーに。ブログでは、インテリアコ...

プロフィール

関連記事一覧