うつわはセレクトショップで作家ものを選ぶ

食器のこと

おはようございます。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

お皿集めがブームの今日この頃。
基本的にはマットでモノトーンなお皿が好みです。

インスタグラムでおしゃれなうつわ展が紹介されているのを見かけると、
気になって足を運んで、そのまま買ってしまうということが、この数ヶ月ですでに3回。。!

最初は本田あつみさんのマグカップから始まり。

 

次に福岡彩子さんのお皿。

 

そして先週末はSAKUZANさんのお皿。

素敵なうつわを実際に手に取ると、この器で食卓を囲みたいなぁと妄想が広がり、つい買ってしまします(笑)

 

スポンサーリンク

足を運んだきっかけはインスタグラム

作家ものの噐に興味を持ちだしたのはほんと最近。
きっかけはフォローしているインスタグラマーの方の投稿です。

「この方が投稿している料理の写真、うつわがおしゃれだな~」
と興味を持つようになって調べているうちに、少しずつ作家さんを知ることができました。

 

本田あつみさん

インスタグラマーの方がセレクトショップSIEBENで素敵なマグカップを購入されたことを投稿されているのをきっかけに
ショップのインスタグラムをフォローするように。
そしてショップのインスタグラムで知ったうつわ展。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SIEBEN ジーベンさん(@sieben_old_new)がシェアした投稿


ちょうど陶器に興味を持ちだしたときだったので、まずはオンラインショップをチェック。
そこで本田あつみさんのマグカップに一目惚れし、足を運びました。

 

スポンサーリンク

福岡彩子さん

インスタグラマーの方の投稿を見て福岡彩子さんの作品が気になるようになり、
福岡彩子さんのインスタグラムをフォローしていたらうつわ展のお知らせが。


これは行かなくては!と足を運んで実際に作品を手に取ると、陶芸家さんの陶器ほど、一点一点表情が違うのを感じました。

自分の中で気に入ったものを選んで購入。
福岡彩子さんのうつわはファンも多く、なかなかいいお値段しました。。!
なので、手始めに取り皿を2枚購入。
一枚3000円でした。

均一ではない独特の色合いと風合いがとても素敵で人気なのも納得です。

 

SAKUZANさん

SAKUZANさんのうつわはわりとお手頃価格でマットで素敵だなと思ってずっと気になっていました。
フォローしていたインスタグラムで春のうつわ店があるのを知って、TENOHA代官山のstylestoreに行ってきました。

実はstylestoreに行ったのはこれが初めて(汗)
めちゃくちゃおしゃれでテンション上がりました!

stylestore限定カラーが3色もありました。
陶器ではなく磁器なのですが、マットな質感でとっても雰囲気があります。

わたしはstylestore限定色のダークグレーをチョイス。
この均一ではないまだらな色合いが逆に気に入りました。

このまだら加減も一点一点違ったので、気に入ったものを選んで購入。
1枚3500円ほどでした。
φ26cmでこの値段は良心的だと思います。
ショップ限定色を買えたというのもなんだかうれしい。


朝食プレートとしてもとっても使いやすいです。
グレーは料理を引き立ててくれますね。

 

手に取ってうつわを選ぶ楽しさ

好きな陶芸家の方や窯元ができて、そこからセレクトショップでのうつわ展の情報を知って足を運ぶ。
そしてそのセレクトショップのファンになる。

好きなセレクトショップでのうつわ展を知って足を運ぶ。
そしてそこで好きな陶芸家さんや窯元ができる。

簡単にネットで買えてしまう時代だからこそ、
あえて足を運んで実際に作家さんや窯元の作品に触れる。
それは自分の中でのうつわの世界が広がる楽しい時間です。

足を運んで手を取って選んだお気に入りのうつわに日々の料理を盛る。
想像しただけでわくわくしてきませんか?

 

人気作家さんの器についてはこちらでもご紹介しています↓

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT