ライフスタイルに合わせたインテリア家具で快適な空間に

家具・ラグ

こんにちは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

しばらくマイホーム計画の話が続きましたので、インテリアの話をしたいと思います!

 

家具選びをするときに、こういう家具素敵!とデザインで選ぶことが多いですよね。
わたしももちろんそうです!
だって家具のデザインで部屋の印象も変わりますから。

ただ、このデザインだけで決めてしまうとあとあと後悔してしまうことも。
しっかりとその大きさも確認することが大切です。

部屋の広さに対して、大きすぎる家具を置くと、十分な通路の広さを確保できず、
狭くて移動しづらくなります。
圧迫感もあり、なんだか息苦しい空間になります。

逆に広さに対して、コンパクトな家具を置くと、スペースをもてあましてしまい、
部屋が広く感じるというよりなんだかバランスが悪い殺風景な空間になります。

部屋の広さにあった家具選びは快適で心地いい家造りにはとっても大切なんです。
でも部屋の広さだけでなく、自分の生活スタイルも考慮して家具選びをすることもとっても大切です。

 

リビングでの過ごし方を考える

例えばリビング。
わたしにとってリビングはゆったりくつろぎたい場所です。
なのでなるべく大きいソファでくつろぎたい。
そしてリビングでたまに食事もしたい。

自分がイメージしたそんな生活スタイルから、無印良品のワイドアームソファの2.5シータ-を選びました。
購入したときは1Kで一人暮らしでしたが、広さ的にはこの大きさのソファも問題なく入るので、こちらに決定しました。
結果ソファでゆったりくつろげるようになり、寝転んでも快適!
とても居心地のいい空間となり大満足でした!

ソファについては詳しくはこちらから↓

そしてセンターテーブルはセミオーダーで高さを少し高めのものを買いました。
ソファに座ったままの食事を目的とするなら高さが50cmぐらいあった方が楽に食事ができますが、
テレビ台とのバランスを考え47cmにしました。
47cmでも一般的なセンターテーブルよりはソファに座ったまま食事がしやすくなり満足しています。

ただこのテーブルの高さは、床座だと高すぎます。
友人がたくさん遊びに来るお宅の場合は、来客時床座になることも考えられますので、
そういった方には高さのあるセンターテーブルはあまりお勧めではありません。

一度にたくさんの友人を招待することが多いのであれば、床座でもちょうどいい高さのセンターテーブルにして、
普段リビングで食事をするときも、基本床座で生活するスタイルがいいかもしれません。

 

ダイニングでの過ごし方を考える

わが家のダイニングテーブルは幅が135cmと少しコンパクトです。

リビングダイニングがそんなに広いわけではないですし、バランス的にはこれぐらいでもいいかなというサイズ感。
生活スタイルを考えても、友人を招待してお食事をする機会もそんなにないので、夫婦二人なら十分な大きさ。

まぁ150cmぐらいあれば4人でももう少しゆったりできるので、長く使うことを考えれば、150cmぐらいのものの方がよかったかもしれません。
ただ、デザインが気に入っていたし、他に代わるものも特に見つかりませんでした。
今の部屋の広さや、生活スタイルを考慮しても、大きさは問題ないので、結局デザイン第一で今のダイニングテーブルを購入しました。

わが家のダイニングテーブルとチェアについてはこちらから↓

わが家の場合は基本的に食事をするときやパソコンをいじる時以外はダイニングで過ごすことはなく、
基本ソファ上で過ごすことの方が多いです。
なので、結果的にコンパクトなダイニングテーブルで十分でした。

これが、よく友人を招待して食事をするお宅であれば、やっぱり135cmは小さく感じるかと思います。
もちろん部屋の大きさとのバランスも踏まえた上で、できるだけ大きめのダイニングテーブルにした方がいいですね。
そしてダイニングチェアもダイニングベンチにすれば、3人座れたりするので、ダイニングチェアと幅が広めのベンチの併用がお勧めだったりします。

 

家具選びはデザインはもちろん大事ですが、こんな風にその大きさもとっても大事なのです。
快適で居心地がいい部屋作りには家具の大きさが大きく影響します。

自分たちがどんな風に家で過ごしたいのか。
友人をたくさん招きやすい空間にしたいのか、家族でゆったり過ごせる空間にしたいのか。
部屋の大きさに対して大きすぎないか。小さすぎないか。
こういうことまでしっかり考慮した上で、家具を選んだおうちは快適でとっても居心地のいい空間になりますよ!

関連記事一覧