【マイホーム計画】⑦間取りと打ち合わせ準備

リノベーション

こんばんは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

気づけば1カ月近くブログ更新できていませんでした。。
マイホームの間取りの打ち合わせがなかなか始まらなかったり。
ノートパソコンが壊れてしまったり。
更新が止まってしまった言い訳はいろいろあるのですが。。

一番の理由は単なるわたしの惰性です。。!(汗)

何気にわたしのブログを時々チェックしてくれている夫にも
「ブログ1カ月近く更新してないね~」と言われ、「これではいかん!」と反省。。

読んでくださっている方々の為になるようなインテリアコーディネーターらしいことを書かなくては!
と変に力みすぎていたので、これからはもう少し肩の力を抜いてブログを書いていきたいと思います。

たまに怠け癖が出てしまうわたしですが。。
これからもお付き合いいただけたら嬉しいです!!

 

さてさて。
マイホーム計画ですが、中古マンションを購入したものの、なかなか始まらない間取りプランの打ち合わせ。
増税前のラッシュでデザイナーの方のスケジュールがいっぱいとのことでしたが、
この度ようやく今週末から打ち合わせがスタートすることとなりました。
スケジュールが押している関係で今週末から毎週末打ち合わせすることに。
ようやく今後の打ち合わせのスケジュールが一通り決まって一安心。
これから忙しくなりそうですが楽しみです!

本日は間取りの打ち合わせまでにわたしが準備していたことをご紹介したいと思います!

過去のマイホーム計画の記事はこちら↓

1.【マイホーム計画】①リノベーションセミナーに行ってみた
2.【マイホーム計画】②ワンストップリノベ会社「リノべる」の魅力
3.【マイホーム計画】③コンセプト打ち合わせで物件探しの準備
4.【マイホーム計画】④内覧して初めてわかることと確認すべきポイント
5.【マイホーム計画】⑤物件申込み
6.【マイホーム計画】⑥物件の契約

 

間取りプランを考える

物件が決まってから間取りプランの打ち合わせが始まるまで1カ月以上期間があいたので。
先行して自分で間取りを考えていました。

打ち合わせ前にある程度イメージを固めておいた方が打ち合わせもスムーズに進むと聞いていたので、
けっこう間取りをたくさん考えました。

まずは元の間取りをご紹介↓

65㎡で3LDKの間取り。
この独立型のキッチンに時代を感じますね~。

対面キッチンにしてLDKをもっと広々使いたい!と思い、2LDKでいろんな間取りを考えましたが、
今のところ一番お気に入りの間取りがこちら。

内見に行ったとき、リノベるの方がいつも同行してくれるのですが、その時にどこの壁が抜けるか、
水回りの移動は可能かなどを確認して教えてくれました。
この物件は内壁はほぼ全て取り壊せるとのことでしたがキッチンはダクトの関係で西側に収めた方がいいのことでしたので、
それを踏まえてプランを考えました。

この間取りプランでこだわったポイントはこちら。

・対面キッチン。
・明るく風通しのいいリビングダイニング。
・リビングダイニングにワークスペース。
・キッチンから洗面所に回遊できる導線。
・広めの造作洗面台。
・広めの玄関。
・土間収納。
・キッチン背面と洗面台にタイル。
・玄関とリビングにエコカラット。
・洗面所に下着や部屋着を収納するリネン庫。

主寝室と洋室は最低限必要な家具(ベッドやデスク)が置ければそれで充分かなと思い、
その分リビングダイニングを広めに取りました!

間取りプランのベースはわたしが作って、夫に感想を聞いて修正。
これを何回か繰り返してようやくできた間取りプラン。

この間取りにイメージ写真や要望を書き加えたものをデザイナーの方に送って、
今週末の間取りの打ち合わせの準備完了!

がんばった甲斐あってデザイナーの方から「ここまで詳細なプランを作成して頂いており驚きました」と返信いただきました。

もうこれは職業柄やりたくなっちゃうんですよね。
しっかり資料作りたくなっちゃうんです。
イメージ写真だけポンポン送ったところで分かりづらいし、見返しづらい。
ちゃんと相手に分かりやすく、伝わりやすく資料作る癖が身についちゃってます。
(といっても今回は仕事ではないので、伝わればいいやと思ってある程度手抜きしましたが)

ともあれ、デザイナーの方にインテリアコーディネーターらしい一面をお見せできてよかった(笑)



 

住宅設備のショールームに行く

リノベるのベーシックラインは住宅設備はTOTOとリクシルのもの。
ということで一足お先に、TOTOとリクシルのショールームに行ってリノベるのベーシックアイテムを見てきました。
カタログを見たとき、ベーシックラインの住宅設備は一番安い価格帯のものだろうなという印象でした。
中でもキッチンが特にう~んという感じ。

実際見てきた感想としてもやはり、う~ん。。(笑)

トイレはまぁベーシックラインでもいいかなと思いましたが、キッチンはやっぱりもう少しこだわりたい。。!
アイランドキッチン希望なのでなおさら。

TOTOとリクシルのショールームでベーシックラインと価格を上げたグレードを見比べていると、
気づけばそれぞれ3時間ぐらいは滞在していました。

これだけの時間ショールームにいたわけですが、正直全然時間が足りない。。!!
一足先にショールーム見学に来ておいてよかったと心の底から思いました。

間取りプランの打ち合わせが始まったら、ショールーム見学に行く予定も組まれていますが、
そこで初めてショールームに行っても全然決められなかったと思います。

一回行っただけですべての設備を決めるなんてとてもじゃないけど無理です。。!
なので、自分で事前に一度ショールームに足を運ぶのはけっこうお勧めです。

わたしは今回ショールームに行って、
トイレはTOTOのベーシックラインでOK。
お風呂はわが家のマンションは追い炊きをつけられないと思われるので、
TOTOのでワンランクグレードを上げて魔法瓶浴槽にしたい。
洗面所の三面鏡はTOTOのがいいな。前面ボウルは要相談。
キッチンはできればリクシルの一番グレードが高いシリーズがいいなぁ。
とざっくりイメージできました。

このイメージができただけでも、情報0の状態で打ち合わせに入るよりきっとスムーズに打ち合わせを進められるはず!

ってトイレ以外はベーシックラインよりグレード上げるんかーい!
こんなはずでは。。と自分でもびっくりです。。(汗)
予算内で収めることができるのか不安しかない。。
打ち合わせが進んで見積もりが出てからどこを削るか吟味したいと思います。。(涙)

 

長くなりましたので、本日はここまで!
お付き合いいただきありがとうございました!

また打ち合わせが進んだら進捗状況をご報告させていただきます!

 

マイホーム計画続きはこちら↓

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT