【マイホーム計画】⑪見積もりと減額調整

リノベーション

こんにちは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

マイホームリノベーション計画。
5回の打ち合わせ予定でしたがそれでは終わらず、
6回打ち合わせしました。
そして物件解体も無事終わり、来週には中間検査が控えております。。!

過去のマイホーム計画の記事はこちら↓

1.【マイホーム計画】①リノベーションセミナーに行ってみた
2.【マイホーム計画】②ワンストップリノベ会社「リノべる」の魅力
3.【マイホーム計画】③コンセプト打ち合わせで物件探しの準備
4.【マイホーム計画】④内覧して初めてわかることと確認すべきポイント
5.【マイホーム計画】⑤物件申込み
6.【マイホーム計画】⑥物件の契約
7.【マイホーム計画】⑦間取りと打ち合わせ準備
8.【マイホーム計画】⑧間取りの打ち合わせ
9.【マイホーム計画】⑨デザイナーさんお勧めの床材
10.【マイホーム計画】⑩タイルとクロスのショールーム巡り

恐ろしい恐ろしい見積もり。
この見積もりをめぐっていろいろありました。。
ようやく最終見積もりも出ました。

が、実はまだプラン内容微調整中なんです。。
細かいところをちょこちょこ変更中。
もちろん追加費用がかからない範囲でです。

チェックにチェックを重ねたつもりでも、
「そういえばあれどうなってたっけ」
と見返したときにいろいろ気づいてしまうことが
あったりするんですよね。

でももう工事も始まっていますし、
来週中にはFIXしないとそろそろタイムリミット。
急がねば~。。!

 

それはさておき今日は見積もりの話。
本題に入る前にわが家の仕様と
リノベるのベーシックラインの比較をしたいと思います。

 

リノベるのベーシックラインとの比較

リノベるのベーシックラインの内容にすると、
60㎡~80㎡のフルリノベーションで
900万~1000万になる目安だそう。

住宅設備が低価格帯のものばかりなので、
グレードを上げる方も多いのでしょう。

造作家具やタイル貼りなどを
追加でお願いする方も多いのでしょう。

結局、60㎡~80㎡で一番多い価格帯は1200万だそうです。

 

わが家の当初のプランをリノベるのベーシックラインと比較してみると。。

★コストUPする内容
・プラスターボード+壁紙の天井仕上げ
・開閉可能な造作室内窓の設置
・ハイグレードのシステムキッチン
・魔法瓶浴槽のユニットバス
・造作家具
・一部壁面タイル貼り

★コストDOWNする内容
・複合フローリングの床材
・プラスターボード+壁紙の壁仕上げ(塗り壁なし)

とまぁこんな感じです。
ほぼほぼコストUPの内容ばかりですね。。(苦笑)
まぁもちろんここから減額調整することになります。。

 

初回見積もり

初回見積もりではマックスの予算ぐらいの見積もりでした。
本音としてはもう少し下げたい。
でも思ったより予算オーバーしてなくてよかった。
そんな感じでした。

が、、!!
一安心したのもつかの間。

よく見ると希望していた造作家具は
参考価格が入っているだけで、
見積もり自体には計上されていなかったり。
クロスも一番安い量産クロスになっていたり。

結局それらを追加で見積もりに入れると
+80万ぐらいになることが発覚。。!

ひとまず初回見積もりに入っていなかった造作家具やカーテンや
できるか分からないけど追い炊き機能も追加し、
クロスも量産クロスから一般のクロスへ変更した見積もりを出してもらうことに。

 

見積もりにミスはつきもの

5回目の打ち合わせの時に2回目の見積もりがでてきました。
なんとその金額、初回見積もりより
300万もアップしていたのです。。!

いやいやいや。。
確かにカーテンまで盛りだくさんで再見積もり
お願いはしたけども!

おかしいでしょーー!!

デザイナーの方が言うには、
エクセルの数式がおかしくなっているところがあり、
合計金額が200万弱間違っていたとのこと。

一週間後には着工が始まるこのタイミングで
エクセルの入力ミスで200万間違えてましたはないよと怒る夫。
デザイナーの方に会社の方で協力できる範囲で協力もするから、
わたしたちの方でも減額できるところを考えて欲しいという話があり。

ひとまず減額できるところを確認し、
6回目の打ち合わせをすることになったわけです。

 

昔実家でフルリフォームしたときも、
見積もりにミスがちょこちょこあり細かくチェックしたと言う母。

「こういう見積もりって案外適当やったりするからちゃんと確認した方がいいよ~」
と母からアドバイスを受け、
改めてわたしも一つ一つ見積もり内容をチェックすることにしました。
そして前回の減額案以外にももう少し追加で減額できるところがないか考えました。

見積りを見ていると項目もたくさんあり細かいです。
確かにこれは作る方も間違えやすいよなというのが正直な感想。
まぁ数式が壊れていたとかは初歩的なミスだと思いますけどね。

だからこそ、施主側の方でもしっかりと確認することが大事だなと。

よくわからない項目は確認するのはもちろん。
デザイナー任せにしないで、自分でもチェックできることはあります。
コンセントやスイッチの数があっているか。
建具の仕様は何になっているのか。
タイルのケース数が過剰になっていないか。
タイル工事の人件費は適切か。
などなど。。

カタログや図面と照らし合わせながら、一つ一つ見積もりを確認していると
案外見積もりの間違いや減額できるところが見つかるものです。

 

スポンサーリンク


 

見えてきた最終見積もり

6回目の打ち合わせ。
わたしの方で追加で考えた減額案で見積もり調整を進め、
初回見積もりから+200万ぐらいまできました。
リノベるの方でも協力してくれるという話でしたが、
想像していた以上に少ない金額でした。。(涙)

見積もりとにらめっこし、
特寸サイズになっていた建具を既製サイズが入るところは
既製サイズに変更してもらうことにし
造作窓もサイズを小さくすることに。

あと減額できるとしたら大きいのがキッチン。。
キッチンは結局リクシルのリシェルSIのままにしていました。
というのも、実は見積もりを取ってみると意外と
クリナップのSTEDIAの方が高かったのです。。!
STEDIAは普通グレードのはずなんですけど。。

なのでキッチンのグレードを下げるとなると
あとは低価格帯シリーズのキッチンになってしまう。。
それは避けたいというのが正直なところ。

幸いにも、夫からキッチンのグレードを下げようという話はなく。
予算オーバーはしているけど、
このあたりが見積もり金額の終着地点だね
と言ってくれました。

 

そんなこんなで、もう少しだけ追加で減額調整できるところはして、
最終見積もりは、初回見積もりから約+150万でなんとか着地しました。

 

最終見積もりも出たことだし、
あとはちょこちょこプランの微調整を
来週中に確定させれば
ひとまずわたしがやることもいったん終了。
そして完成するのを待つのみ。。!
もうひと踏ん張り、最後ぎりぎりまで妥協せずプランをつめたいと思います!!

 

関連記事一覧

PROFILE

モデルルームでのインテリアコーディネートの仕事をしてきたからこそ感じたこと。
どんな住まいが、おしゃれなインテリアと心地よい暮らしの両立ができるのか。
このブログでは、モデルルールのその先にある暮らしを提案。生活感を出し過ぎずにおしゃれに快適に暮らす方法を、インテリアコーディネーターの目線から紹介しています。
ABOUT