【マイホーム計画】⑬最終確定した間取りと施主検査

マイホームができるまで

こんばんは。
インテリアコーディネーターのIto Yukiです。

 

中古マンションを買ってリノベーションするマイホーム計画。
物件引き渡しまであと2週間。
施主検査に行ってきました!
今回はリノベ状況の近況報告と、
施主検査ではどういったところに注意しながら
チェックしたかなどをご紹介したいと思います。

 

過去のマイホーム計画の記事はこちら↓

1.【マイホーム計画】①リノベーションセミナーに行ってみた
2.【マイホーム計画】②ワンストップリノベ会社「リノべる」の魅力
3.【マイホーム計画】③コンセプト打ち合わせで物件探しの準備
4.【マイホーム計画】④内覧して初めてわかることと確認すべきポイント
5.【マイホーム計画】⑤物件申込み
6.【マイホーム計画】⑥物件の契約
7.【マイホーム計画】⑦間取りと打ち合わせ準備
8.【マイホーム計画】⑧間取りの打ち合わせ
9.【マイホーム計画】⑨デザイナーさんお勧めの床材
10.【マイホーム計画】⑩タイルとクロスのショールーム巡り
11.【マイホーム計画】⑪見積もりと減額調整
12.【マイホーム計画】⑫解体検査と中間検査

 

 

スポンサーリンク

最終確定した間取りのご紹介

最終確定した間取りをまだご紹介してなかったのでご紹介します!

 

もともとの間取りがこちら↓

 

 

打ち合わせ前に自分で考えた間取りがこちら↓

この間取りのこだわったところについてはこちら↓

 

この間取りをベースにデザイナーの方と相談して
細かいところを調整してもらい。。
最終的にこうなりました↓

 

大きく変わったのは土間収納の位置の変更と
キッチンをアイランドからペニンシュラにしたこと。

あとは主寝室のデスクスペースをなくして、
クローゼットを広めて本棚や収納棚も作りました。

 

土間収納を変えたきっかけは、
減額調整を考えているときにデザイナーさんに、
「通常の家よりちょっと建具の数が多いですね」と言われ。
建具を減らすことを考えたんです。

掃除機用に廊下に収納が欲しかったのですが、
削れる建具ってここと、子供用のクローゼットぐらい。

掃除道具を収納するつもりの廊下収納の建具を
ロールカーテンに変更するのは嫌だったので、
土間収納の位置を変更してしまうことにしました。

 

もともと、玄関からLDに行くまでに、
2回も角を曲がらないといけない間取りが
少し気になってはいたので、
土間収納を移動することでこの心配要素も解決!

そして、狭いながらも、土間収納を
憧れのウォークスルーにしてみました!
土間収納の入り口2か所には
ロールカーテンを取り付ける予定です。

最初のプランより収納スペースは減りましたが、
この間取りにしてよかったと思います♪

 

キッチンをアイランドから
ペニンシュラにしたのは、
アイランドにするとキッチンに
段差をつけなくてはいけないことが
発覚したからです。

段差をつけたくなかったので、
ペニンシュラにしました。

そもそも土間収納の位置を変更したことで、
アイランドキッチンにするには
寸法的に難しかったので、
結果的にペニンシュラにしてよかったです♪

 

ペニンシュラにした経緯についてはこちら↓

 

リノベ進捗状況をちょっとだけご紹介します!

WEB内覧会も別途やりたいなと思っているのですが
一足先にちょこっとだけ進捗状況をご紹介したいと思います!

 

まずはキッチン!
こだわりのリシェルsiと壁面タイル。

 

キッチン前のワークスペース。

 

リビングのタイル。

 

そして造作洗面台。

 

考えに考えたマイホームプランが
こうやって出来上がったのを見たときは
かなり感動しました!!

リノベーションしたマイホームの詳しい内容は
また改めて順を追って紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

施主検査で気を付けてチェックしたところ

今回は施主検査ということで、
出来上がりをチェックして、
気になるところをデザイナーさんに伝えました。
デザイナーさんはわたし達が指摘したことを
メモ取りながら、マスキングテープで
印をつけてってくれました。

デザイナーさんの方でも事前にチェックしていて、
すでにマスキングテープが貼られているところが
たくさんありましたが、
それ以外に気になる所はちょくちょくありました。
コンセントが足りてないところがあったり。。

自分たちでもちゃんとチェックするのは
やっぱり大事ですね。

 

どういったところに注意しながらチェックしたか
簡単にご紹介します。

・コンセントが図面通り設置されているか。
・3路スイッチの回路の確認。
・水の出具合を確認。
・換気扇の動作確認。
・タイルの目地の確認。
・塩ビタイルが浮いているところはないか。
・塗装箇所が剥げてないか。
・工事中に傷をつけやすい角に傷はないか。
・設備と床材の収まりの確認。
・クロスの剥がれがないか。
・コーキング処理の確認。

ざっとこんなところをチェックしてきました!

そこまで大掛かりな補修が必要な箇所はなさそうです。
よかった!

 

13回までにもわたったマイホーム計画。
ひとまずこれで終わりにしたいと思います!

今後はWEB内覧会やこだわった箇所などの紹介も
していければと思います!


\ブログランキングに参加しています!/
クリックして応援していただけると
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

 

\ONLINE SHOP/
temite公認アンバサダーとしてオンラインショップ開設しました♪



 

\インスタやっています!/
フォローして頂けると嬉しいです♪



Yuki Ito

276,483 views

インテリアコーディネーター。インテリアのネットショップの撮影スタイリストやモデルルームのプラン・コーディネートの経験を経てフリーに。ブログでは、インテリアコ...

プロフィール

関連記事一覧